Rollbahn EXPO

Rollbahn+

ロルバーンギャラリー

ロルバーン ショップ&ギャラリー第2回企画
『Braun Archive Exhibition』

今なお新鮮な輝きを放つドイツの家電メーカー、ブラウンのビンテージ・プロダクツ。特に、欧州で各デザイン産業が隆盛を極めた1955年から80年代頃までの製品には、マニア垂涎の名作が数多く存在します。今回のブラウン展では、デルフォニックスが長年集めて来たコレクションの中から、その一部を展示します。使う人の感性や想像力を自由にしてくれる、その普遍的なデザイン哲学。現在のブラウン製品にも脈々と受け継がれており、またデルフォニックスの物作りにも影響を与え続けています。

ブラウンについて

電気シェーバーなど家電製品で知られるBRAUN(ブラウン)は、本国ドイツでいち早くプロダクト・デザイン部門を確立したブランド。社内に専門の部署を持つことで、過去のデザインを継承しつつ、さらに革新的で普遍的なデザインを提案してきました。

「機能と一体になったシンプルなデザイン」は、瞬く間に世界中で評判を呼び、スピーカーやテレビなど新商品を次々に発表しました。ブラウンのデザインは、一貫して迷いがなく、余計な装飾は一切施さず、機能性を追求したものでした。

今回、1955年頃から1980年代までの、プロダクト・デザインが盛んだった頃のブラウン製品を展示。その時代のデザイン哲学に、デルフォニックスの哲学との類似性が垣間見えます。

画像の説明

ブラウンの美しいオーディオ

バウハウスの流れを汲んだデザイナーのDieter Rams(ディーター・ラムス)が入った1955年に「機能と一体になったシンプルなデザイン」を打ち出していくブラウンの哲学が明確に定まっていきました。

Hans Gugelot(ハンス・グジェロ)との共作として生まれた、ブラウンを代表する一体型オーディオSK4。オフホワイトや透明カバーの斬新さから競合メーカーから皮肉を込めて「白雪姫の棺」と揶揄されたほど革新的なデザインでした。これが、ラムスの出世作となりました。

そのSKシリーズ最終モデルとなったのが、1961年に発表したこのSK55。グリッドに沿ったボタンや文字の配置、その佇まいには、革新的なクールさと、どこかホッとするような懐かしさが共存しています。

画像の説明

ディーター・ラムスの「良いデザインの10の原則」

ブラウンデザインチームのチーフとして約40年間にわたり、500を超える名作を世に送り出した巨匠ディーター・ラムス。機能的でありながら、美しく削ぎ落とされたミニマルなデザインを追求。彼の哲学とも言える“良いデザインの10カ条”は、現代のデザイナー達にも多大な影響を与え、iMacやiPhoneなどを生み出したAppleのデザイナー、Jonathan Ive(ジョナサン・アイブ)もそのひとりと言われています。

(1)革新的である
(2)製品を便利にする
(3)美的である
(4)製品をわかりやすくする
(5)でしゃばらない
(6)正直である
(7)恒久的である
(8)首尾一貫している
(9)環境にやさしい
(10)可能な限りデザインをしない

画像の説明

ロルバーンとブラウンの類似性

家電デザインに革命をもたらしたブラウン。その究極の造形美は、ディーター・ラムスの「Less, but better = より少なく、しかしより良く」の哲学によって創り上げられました。デザインのわかりやすさ、実用性、そして品質の高さが、ブランドとしてのアイデンティティを確立しています。

一方、Rollbahn(ロルバーン)は、「シンプルで飽きのこないデザイン」と「使いやすさ」が一体となった、デルフォニックスの定番商品。徹底した使いやすさへのこだわりと、時代を越えても色褪せることのないデザインは、ブラウンのデザイン哲学と相通じるものがあります。

約20年間、デザインや仕様を変えず、愛され続けるロルバーン。ブラウン同様、そのデザイン哲学はこれからも変わることなく脈々と受け継がれています。

Braun Archive Exhibition

開催日  2019/12/26(木)~2020/1/27(月)
場所   デルフォニックス 渋谷
     東京都渋谷区宇田川町15番1号 渋谷パルコ4F
問合せ  デルフォニックス 渋谷(03-6809-0721)
営業時間 10:00-21:00

Rollbahn +とは?

デルフォニックス 渋谷に内設する「ロルバーン ショップ&ギャラリー」と、ロルバーンとの新しい出会いを提供する「ロルバーンエキスポ」の特設サイトが連動。店頭では、さまざまな文化を切り取ったスモールエキシビションを。特設サイトでは、展示内容を小さな記事にしてアーカイブしていきます。

2019.12.27

OPINION BOX

「こんなロルバーンが欲しい」「こんな風に使っています」など、ロルバーンに対するご希望や意見を募集しています。下記のご意見ボックスに、お気軽に投稿してください。

現在、始動中のプロジェクト